grindlebone:

SYMBOLISM!

grindlebone:

SYMBOLISM!

pudding09:

能年玲奈オフィシャルブログ あっ、という間に より

2014年1月14日 18:42更新

(crossbreedから)

africanstories:

Traditional west African style. (Here we have a brother from Ghana).
More on africanstories.tumblr.com

africanstories:

Traditional west African style. (Here we have a brother from Ghana).

More on africanstories.tumblr.com

(元記事: nok-ind (howiviewafricaから))

iluvsouthernafrica:

South Africa:

Young ladies train in Ballet in Soweto through The Joburg Ballet Development Programme

Photos by Madelene Cronje.

(howiviewafricaから)

pinto:

pinto:

(auroraeから)

thekimonogallery:

Shinto shrine, Japan.  Photography by Rachel Blaser

thekimonogallery:

Shinto shrine, Japan.  Photography by Rachel Blaser

(出典: photo.net)

taishou-kun:

Taishou jidai no Toukyou Eki 大正時代の東京駅 (Tokyo Station in the Taisho Era) - Younen gaho 幼年画報 (Childhood Pictorial) - January 1924

"

さらに問題は、カリウムの摂取量の少なさ。カリウムはナトリウムとは逆に、多いほうがいい。ところが、日本人はカリウムの摂取量がかなり少ない。WHOの推奨値をクリアしているのは人口の7.5%に留まるとの見込みだ。日本人は野菜や果物を多く食べるとされ、カリウムを多く摂取していると見られていたのだが、実際には少ない。論文ではこの理由については記述されていないが、佐々木先生は月刊誌「栄養と料理」2012年2月号で、日本人が料理する時に野菜のゆで汁は捨てるなど手をかけすぎていることや、精白度の高い穀物を好むことなどが、カリウムの摂取量の少なさにつながっているのでは、と考察している。

 今回の調査研究は、参加者が福祉施設の栄養士を中心とする職員なので、つまりは健康に気を遣っている可能性が高い。実際に参加者の97.1%が「ナトリウムの過剰摂取が高血圧につながる」ということを知っていた。ところが、塩分をかなり多くとり、カリウムは少ない。元気に働いている人たちなので、食事を食べる量も多いだろうとは言え、この数字。ということは、気にしない一般人の摂取状況は……。とても心配になってきた。

"

日本人と減塩 4日の「クローズアップ現代」は必見です! | FOOCOM.NET (via katoyuu)

(katoyuuから)

"

まず日本の体育会系の部活では、皆さんもご存じの通り、先輩の言うことには絶対服従である。学年で決まる厳しいカースト制度がひかれ、食事もコーチや先輩より先に箸をつけてはならないと注意された。ひたすら耐えることが目的のように見える練習は、精神を根本から鍛えるためのものだ。誰かの「根性」が入っていないと、共同責任として全員が居残りで体育館を走るように言われた。幸い試合では結果を残すことができたが、その時の「根性」がその後の人生で大きな役割を果たしたかどうかは、正直よくわからない。

 留学先のオックスフォード大学院では、やはり運動好きが高じてボート部に入った。朝5時半起きで川に出る特訓を数ヵ月続けたが、そこで見たものは、レースで勝つという「目的から逆算して発想された戦略の全て」であった。

 アメリカ人、イギリス人、インド人、中国人、そして日本人の私という国籍混合チームであったが、チームワークは徹底的に重視された。そのチームは、ボートを漕ぐというタスクのみで固く結束しており、それ以上またそれ以下のしがらみもなかったのである。コーチが提案するトレーニングの内容も、より合理的なやり方があれば、自由闊達に提案できる雰囲気があった。耐えるか耐えないかではなくて、いかに合理的に勝つか、がチームの最重要課題であった。

 「昼夜を厭わず、生活のすべてを捧げて練習し、生き残った者が命令する立場になる」

 これは、日本の体育会のコーチが言った言葉か。それともイギリスのコーチが言った言葉か。

"

オックスフォードが教えてくれた日本のブラック企業問題が世界から理解されない理由|日本の条理は世界の不条理!? 田島麻衣子|ダイヤモンド・オンライン (via joodle)

オックスフォードのボート部っていったら超エリート集団の世界トップレベルなんだけども、そこに日本人がいたとかマジか。信じられん。

(via tommy0930)

(元記事: futureisfailed (tommy0930から))

aurorae:

her holiness (by Soumya Bandyopadhyay)

aurorae:

her holiness (by Soumya Bandyopadhyay)