ygm2:

はてなユーザーが書く文章の気持ち悪さは異常

ygm2:

はてなユーザーが書く文章の気持ち悪さは異常

(katoyuuから)

dorobozaru:

A few weeks ago, one of the department stores had this beautiful yukata display out. They were just stunning! I only thought to share the photos now though.

(kimonokoから)

kagurazakaundergroundresistance:

konishiroku:

gkojax:

eyegle:

pilmel:

綺麗な姉さんのエロぃ乳Beautiful Lady chest Ero Photohttp://www.tumblr.com/tumblelog/max07min/search/chest
(via max07min)
gkojax:

【画像あり】ワイ将、とんかつ専門店のとんかつを食べて泣く : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ
"「バリバリバリ、ドカーン!!!!」 ものすごい音が… カミナリか!? と一瞬思い、その音がした地獄谷の方を見ると、 目の前の谷から大きな噴煙が立ち上がりました。 えっ …… 噴火…??? 周りにいた登山者全員が状況を把握できず、 「写真!写真!」 という声が聞こえてくるなど、 その瞬間は恐怖を感じる事も出来ない程、 誰もが状況を把握していませんでした。 しかし最初の噴火から10秒弱… 「ドドドド…ドカーン!!!!」 という爆音とともに、最初の噴煙とは比べ物にならない 大きな噴煙の柱が空高く舞い上がるとともに、 もの凄い早さで自分たちのいる方に向かってきました。 「ワーー!!!!」「キャー!!!!」 うってかわって叫び声や悲鳴が飛び交う中、 (ヤバい… どうする? 逃げても間に合わない。 どこかに隠れなきゃ… 子供達をどこかに… 何かの陰に隠れる? ダメだ。あれに巻き込まれたら、 絶対無事では済まない。どこか安全な空間に入らないと… 山荘は? ダメだ。山荘の入り口まで走っても間に合わない…) 一瞬で様々な事が頭を駆け巡り、 (あそこは??) さっき昼飯を食べながら気付いた、 トイレの真下にある入り口が頭に浮かびました。 すぐさまその入り口が見えるところまで行き、 中に空間がある事を確認し、 「ここに入るよ!!こっちにおいで!!」 子供達に声をかけ、その空間に誘導しました。 その時の私の声に反応して下さったのか、 近くにいた別のグループの方々もこちらに向かって 走ってきました。 その方々の後ろには、 もの凄い早さで噴煙が迫ってきていました。 (もうヤバい!) 私が空間に入ると、 すぐにそのグループの方が駆け込んできました。 「扉を閉めて!!」 木製の引き戸を両側から閉めようとした瞬間… 「!!!」 一瞬で外が薄暗い噴煙に巻き込まれ、 その噴煙が空間の中に流れ込む寸前で、 扉が閉まりました。 木製の古い引き戸なので閉まりが悪く、 数ミリ隙間が出来ており、 そこから凄い勢いで噴煙が吹き込んできました。 すぐに子供達に鼻と口を服の袖でふさがせて、 吸い込まないように言いました。 それでも全員が吸い込んで咳をしていましたが、 一応閉め切った空間のおかげで、 全員が噴煙の直撃を免れました。 2回目の大噴火から、 私のいた場所が噴煙に巻き込まれるまで、 おそらく十数秒しか無かったと思います。 他の人は!? 頭に浮かびましたが、 それを打ち消すように事態は悪化します。 扉を閉めて真っ暗な空間。 薄暗い噴煙とはいえ、数ミリの隙間から 外の光が届いていたのに、 「ゴォー!!」 という音とともに外が真っ暗になりました。 夜とも違う、光が全く届かない まさに暗黒という感じでした。 それと共に、空から何かが降ってきて、 それが地面や小屋の屋根にぶつかる 凄まじい音が鳴り始めました。 そして噴煙だけではなく、 硫黄のキツい匂いが充満してきました。 それと共に熱を持った空気が室内に入ってきている感じがしました。 (このままではヤバい!) ザックの中にタオル等があることを思い出し、 腕時計のライトを付けてザックの中のタオルを 探し出しました。 すぐに子供達にタオルを渡し、 目を閉じて顔全体をタオルで押さえるように 言いました。 自分も防寒用のフェイスマスクをかぶり、 鼻と口を押さえました。 タオル等で押さえていても息が出来ない程の ガスが充満してきて、ここで本当に死を意識しました。 (コレが続いたら、絶対に助からない…) (どうすればいい…) (こんなところで家族で死ぬのか…) (子供だけでも何とかして助けられないか…) 本当にいろいろな事が脳裏をよぎり、 何とも言えない気持ちになりました。"

Itsuya Sugiura - まだ鮮明に覚えているうちに、 自分用の記録として残しておこうと思います。 9月27日(土)… (via otsune)

(otsuneから)

"20年程前に私たちは仮想現実をコンセプトとしたゲームに挑戦したが失敗した。その理由として、視界をつくり動かすというプロセスで気持ちが悪くなったり、船酔いのような吐き気がしたりしたというのが主でね。当時のテクノロジーではラグが生じたりコンピューターそのものが今と比べて早くなかった。だが今では感度もすごく繊細でラグもなく処理も早くなった。今では半時間の仮想世界でのゲームプレイでも酔ったりはしなくなった。これはすごいことだよね。"

『ビデオゲームの父』が語るゲームと学習の今後、ATARI、BrainRush創業者Nolan Bushnellへのインタビュー(前編) | TechWatch (via koshian)

(koshianから)

(元記事: akbchannel (sho235711から))

(元記事: Flickr / barbery (superkintaroから))

agilar:

In the past few days, I have deliberately stayed away from this historic event. The past is the best prediction for the future, China has a bad reputation in these situations. My friends have been very active in this movement, they convinced me it would be safe to have join them in certain areas of Hong Kong. Even though I do not have the right to vote, I really wanted to show my friends and Hong Kong people my support. Although I am afraid there is a slim chance this will change anything, I really hope China is both willing and able to evolve with it’s people.

(fyhongkongから)

francescolt:

Datsun 240Z

(c-daisoujyoから)